レディ

βグルカンを取り入れて健康ボディーを目指そう

更年期障害に効果

サプリメント

ホルモンバランスを調整

サプリメントが健康に有益であることは誰もが知るところですが、サプリメントは更年期障害の症状にも効果を示します。更年期障害とはホルモンバランスの乱れによって生じる、身体的、精神的な不調のことです。ホルモンバランスの乱れは閉経と関係していますので、更年期障害を発症する年齢は45〜55歳あたりとなります。では、具体的に、どのようにホルモンバランスが乱れるのかというと、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減少してしまうのです。ただ、エクオールという成分があり、そのエクオールはエストロゲンと似たような働きをします。従って、エクオールを摂取すれば、更年期障害の症状の改善が期待できるのであり、よって、エクリオールのサプリメントが更年期障害の症状に効力を示すというわけです。エクオールは、大豆や大豆製品に含まれている大豆イソフラボンが腸内細菌によって変換されることで作られます。ならば、サプリメントでわざわざエクオールを摂取しなくても、納豆や豆腐といったものを食べていれば良いのではないかと思うかもしれませんが、必ずしもそうではないのです。大豆イソフラボンをエクオールに変換できる腸内細菌が体内に存在している人は、日本人では2人に1人の割合なのです。従って、半数の日本人は納豆や豆腐を食べても、また、大豆イソフラボンのサプリメントを服用しても、更年期障害の症状に関しては効果が得られないのです。ちなみに、エクオールを自分の体内で作れない人の方が更年期障害の症状が重い傾向にありますから、辛い症状に悩まされているのであれば、エクオールのサプリメントを積極的に服用した方が良いと言えます。